RSS Feed

‘未分類’ Category

  1. ペットロスの苦しみに負けないためのペット霊園の選び方

    4月 7, 2018 by author

    悲しみを癒しやすいペット霊園を選ぶコツ

    一緒に暮らしてきたペットが亡くなってしまい、ペットロスの苦しみが長期的に続くことにならないためにも、
    ペット霊園の選び方はとても重要です。
    心の傷を癒してくれるようなペット霊園も現代では増えてきており、動物たちの墓に写真を添えられるところも多いです。
    ペットの墓参りに来るたびに、可愛らしい写真を眺めることができて、
    懐かしい思い出に浸ることができるペット霊園として評価されています。
    墓地の周辺に桜の木などを植えて、季節の彩りを感じさせることができるよう工夫されていたりと、
    霊園側の気配りに感謝している人も増加中です。
    園内が美しく感じられるペット霊園だからこそ、家族と集まって一緒に写真撮影をしながら、
    ペットを弔ってあげることができると喜ばれています。
    美しい霊園であれば暗くなっていた気持ちも明るくできると考えて、
    悲しみを癒すことができるペット霊園を探してみてください。
    パンフレットなどを配布している場合や、公式ウェブサイトを開いているペット霊園であれば、
    園内や墓地の様子を細かいところまで確認できる場合もあります。
    現地まで見学に出かける時間的余裕が無いという人も、
    ペットが亡くなってしまう前に霊園の情報を集めておくことが重要です。

    通いやすさを基準にしたペット霊園の選び方

    ずっと愛してきたペットが亡くなってしまった後に、ペットのために豪華な霊園を選んであげたいと考えて、
    見た目の良さだけを重視して霊園を決めてしまう人もいます。
    しかし霊園の墓地にペットを埋葬するつもりであれば、定期的に墓参りに出かけることができるように、
    交通アクセスの良さを重視することも忘れないでください。
    現在では駅からの直通バスが通っているペット霊園もあれば、駅からの距離の近さをアピールしている
    ペット霊園も増えてきています。
    定期的にペットの墓参りができたことによって、
    ペットロスの苦しみを短期間で乗り越えることができたという人も少なくありません。
    頻繁にペット霊園に足を運びたいのであれば、自宅からの近さを重視しながら霊園を選んでください。
    交通アクセスが良い霊園であれば、家族全員でペットの墓参りをしやすくなります。
    墓参りのしやすさを基準にペット霊園を選ぶのであれば、連休シーズンに混雑しやすい道路を使わずに、
    霊園まで移動しやすいか比較しておくことも重要です。
    大型連休も墓参りをしやすい霊園を選んでおけば、連休ぐらいしか墓参りをする時間的余裕が無い家族も、
    気軽に霊園に足を運びやすくなります。

    ペットの葬儀と真摯に向き合う大森ペット霊堂 http://www.petsougi.jp/about

    ペットロスを乗り越えるために墓地を選ぶ

    愛するペットが亡くなってから、何か行動を起こす気力も無くなってしまうほど、
    ペットロスの症状が悪化してしまったという人も少なくないです。
    そのペットロスの症状に立ち向かうためにも、ペット霊園の選び方を工夫してください。
    どれだけ多くのものを墓に入れさせてもらえるのかは、ペット霊園によって大きく違ってきます。
    生前にペットが大事にしていたオモチャを入れてあげる事で、
    ペットが天国で楽しく過ごしていると感じられるようになった飼い主も少なくありません。
    多少は大きなオモチャであっても、墓に入れさせてもらえるようなペット霊園を選んで、
    飼い主の気持ちを少しでも楽にしてみてください。
    現在ではペットへの手紙を墓に入れる人も増えてきており、
    感謝の気持ちを記した手紙を墓に入れておくことによって、自分の愛情が伝わるはずだと多くの人が信じています。
    ペット霊園によっては遺骨以外のものを墓に入れる際には、霊園側の許可が必要になる子ともあるので、
    まずは確認のメールや電話を入れてみてください。
    生前にペットが食べていた餌などは、墓に入れることを許可してもらえない場合もあります。


  2. 知っておきたい、ペット葬儀の基本

    4月 1, 2018 by author

    ペットを飼う上で、大切な心構え

    ペットは、生活に潤いを与えてくれるかけがえのない存在ですが、
    ワンちゃんやネコちゃんは人間よりも寿命は格段に短いですから、お別れの時は必ずやってきてしまいます。
    大切な家族の一員として、最期も大切に見送ってあげたいと考える方も多く、
    昭和の時代と比べると、ペット専用の葬儀場も随分増加しました。
    しかし、いつかお別れの日が来ることは理解していても、いざという時には慌ててしまう方も少なくありません。
    かわいいペットとのお別れを想像するなんて縁起でもないと思う気持ちも分かりますが、
    ペットの葬儀方法について知っておくことも、飼い主さんの大事な心得のひとつです。
    大切なペットの旅立ちをスムーズに見送ってあげるための、ペット葬儀と火葬の方法、マナーなどをまとめています。

    合同、個別、訪問…さまざまな火葬方法

    ペット葬儀場では、火葬場と霊園施設が併設されている場合がほとんどです。
    お経をあげ、最期のお別れの時間を充分に設けるなど、
    人間の葬儀とほとんど変わらないほど丁重に送ってくれる葬儀社も増えています。
    ただ、人間とは異なり、ペットには火葬、埋葬についての法律はありません。
    従って、ほかのペットたちと同時に火葬し、合同で供養してもらうという方法を選ぶこともできます。
    しかし、最近では個別に火葬し、お骨拾いをして納骨するという方法を採られる方も多いようです。
    お骨は持ち帰ることもできますし、納骨堂が併設してある葬儀社ならば、そちらに安置して供養してもらうこともできます。
    海や自宅のお庭など、ペットが生前好んだ場所への散骨を希望する場合は、
    自然に帰りやすいよう、粉骨してくれるサービスを行う葬儀社もあるようです。
    ペット葬儀社はおのおの違ったプランを用意し、差別化を図っていますので、
    理想のおくり方がある場合は、事前に確認しておきましょう。
    また、専用の装置を搭載した車で出張してくれる訪問ペット火葬を提供している葬儀社もあります。
    火葬炉つきの車で任意の場所まで出張してくれるというサービスで、
    亡くなったペットを葬儀場まで連れていくことができない場合には、非常に利便性の高い方法と言えるでしょう。
    ただし、屋外での火葬ですので、天候に左右されることもありますし、ご近所への配慮も必要となります。

    棺に入れて良いものは?

    火葬の際に、棺にペットが生前好きだったおもちゃやおやつ、お花などを入れてあげたいと思う方も多いでしょう。
    これらは、最低限のルールを守れば入れてあげることも可能です。
    まずお花は、白やピンクなど、なるべく色素の薄い種類を選んであげましょう。
    濃い色のお花は、お骨に色素が残ってしまう可能性もあるので、注意しましょう。
    大好物だったおやつは沢山持たせて旅立たせてあげたいですが、
    ビニールのパックや缶などの容器のまま棺に入れてしまうと、火葬に影響を与えることもあります。
    きれいなお骨に残してあげるためにも、少量をお口のそばへ置く程度に留めましょう。
    一緒に遊んだ思い出が詰まったおもちゃ類は、素材によっては燃え残ってしまう可能性が高いアイテムです。
    お別れの際に持ち込むことはもちろん構いませんが、棺には入れない方が良いでしょう。
    首輪やリードなども同様です。

    葬儀の服装について

    ペット葬儀について、意外に迷うのが服装です。
    喪服でお出かけになると、ご近所の目が気になるかもしれません。
    きちんと送り出したいという思いもあるかもしれませんが、人間の場合と異なり、普段の服装で構わないでしょう。
    ただし、革や毛皮、宝石などは避け、落ち着いた色合いでまとめるのがマナーです。
    ちなみにお友達や知人のペット葬儀に参列する際も、必ずしも喪服を着る必要はありません。
    黒っぽい服装で構いませんが、迷うようなら事前に確認をしておくと安心です。


  3. 火葬プランや墓地の雰囲気の違いを確かめる

    3月 28, 2018 by author

    プランの選び方を間違えない事が重要

    愛するペットを送り出してあげるために、ペット霊園を選ぼうとしているのであれば、
    まずはプラン内容を確認しておくことをおすすめします。
    立会個別火葬や一任個別火葬といった、火葬のプランだけでも複数あるために、
    プラン内容をよく調べないまま霊園に任せてしまわないよう注意が必要です。
    ペット霊園に立ち寄ってから、火葬が終わるまで待っていられる時間的余裕があるという人は、
    多くの方々が立会個別火葬を選んでいます。
    最後のお別れまでペットと一緒に過ごす事ができて、家族自身がお骨上げをすることができるために、
    手厚く弔ってあげたいと考える方々が立会個別火葬を選ぶことが多いです。
    一任個別火葬はペット霊園側に火葬を任せることになるので、少し寂しく感じるという人もいますが、
    そのようなことは決してありません。
    お骨上げをスタッフが代わりに行ってもらえるだけで、返骨をしてもらって自宅で弔ってあげることもできます。
    そのまま納骨してもらうことも可能ですが、セレモニーや出棺に参加することはできません。
    合同火葬は他の家庭で飼育されていたペットと一緒に火葬をされて、合同墓地に埋葬されるというプランです。
    希望をすれば返骨もしてもらえる所もあるので、自宅に遺骨を残しておきたいと考えている方々も合同火葬を選んでいます。

    火葬をしてから供養をする場所を選ぶ

    ペットの火葬が終わった後に、遺骨をどこで供養するのか迷っている時には、
    ペット霊園のスタッフにアドバイスを求めてみてください。
    遺骨を入れておくための骨壷のサイズや、返骨の手続きなどもスタッフが分かりやすく伝えてくれます。
    他の動物たちが安眠しているペット霊園の墓地に、一緒に埋葬してもらうことも可能で、
    管理や掃除などの手間をかける必要はありません。
    合同埋葬地の管理はペット霊園側が行ってくれるので、時間的余裕が無くてペットの墓地の管理が難しいという人にも最適です。
    自宅とペット霊園の両方にペットの遺骨を残しておき、二つの場所で供養を行っている飼い主も増えてきています。
    埋葬や納骨はペット霊園で行っておき、遺骨の一部だけでも自宅に持ち帰って、
    メモリアルグッズとして加工したいと考える人も多いです。
    ペットの遺骨をアクセサリーに加工して身に着けておくことで、亡くなったペットが常に近くにいるように感じられます。
    遺骨をネックレスやブレスレットに加工するためには、専門の業者を頼る必要があり、
    ペット霊園が遺骨の加工サービスを行っていることは少ないです。

    霊園の雰囲気の違いも確かめておく

    亡くなったペットが安らかに眠っていられるように、ペット霊園を比較しておきたいと考えるのであれば、
    墓地の雰囲気の違いも確かめておいてください。
    隅々まで手入れが行き届いていて、雑草や土汚れなども気にならないだけでなく、
    綺麗な花で墓地の周辺を彩っているペット霊園も増えてきています。
    ただ見た目が綺麗なだけでなく、花の香りまで楽しめるペット霊園も多くて、
    墓参りに来た飼い主の皆さんの気持ちを落ち着かせる効果があると好評です。
    お寺が運営しているペット霊園は、雰囲気が厳かだという点も評価されており、
    飼い主の宗派に合わせてペット霊園が選ばれていることも珍しくありません。
    霊園までの交通アクセスの良さだけでなく、墓地の雰囲気も確かめておいた方が、
    定期的に墓参りに訪れることになる飼い主の皆さんのためにもなります。
    ペットの遺骨は自宅に保管しておきたいと考える方々は、
    ペット霊園の料金やサービスの内容を比較しておくだけでも問題ありません。
    墓地だけではなく納骨堂まで美しく彩ったペット霊園も増えており、その独特な雰囲気にも驚かせてもらえます。


  4. どこでどうペット葬をするのか祭壇の種類も予算や希望で選べる

    3月 21, 2018 by author

    何処でどのようにペット葬を行うのか

    ペットが亡くなった場合、どのように埋葬をするか、家族が最後のお別れをするのかを考える必要があります。
    古くはお庭に埋めたり、所有する農地や山林などに土を掘って埋めたりというのが一般的でしたが、
    最近はお庭がないマンション住まいの方も多いほか、ペットの位置づけも変わっていて人が亡くなった場合と
    同じようなスタイルで葬儀や埋葬を希望する方が増えています。
    もっとも、人の葬儀のスタイルも時代に応じて変遷しており、
    最近は家族やごく親しい方だけで行う家族葬が人気の一方で、ご自宅で通夜や葬儀を行うのではなく、
    全て葬儀場やセレモニーホールを利用するのが一般化しています。
    これに対して、ペットの場合は人の場合でいう多くの参列者が集う一般葬は通常はなく、
    全てご家族や可愛がっていた方などにお声掛けしての家族葬となります。
    家族葬の場所はご自宅で行われるケースも多く、ご自宅のリビングなどで祭壇を設置して行うスタイルのほか、
    ペット専用の火葬場やペット専門の寺院にて火葬を行う前に、
    人の場合と同じような住職の読経やご家族による焼香などもある葬儀を行う場合や、
    業者のスタッフが司会進行をして簡単なお別れの会を行うというのが一般的です。
    業者の提供するプランやスタイルによっても異なりますが、自宅で最後のお別れをするのか、
    火葬前に行うのかや宗教家による読経などが必要かを検討しましょう。

    選べる祭壇やグレード

    ご自宅や火葬場や寺院などの会場で葬儀を行うプランを選ぶ場合にも、祭壇のタイプやサイズ、
    グレードなどが選べるケースも少なくありません。
    小さくてシンプルで生花も最小限といったこじんまりとしたプランは、予算的に制約がある方や、
    お一人暮らしなどの小さなお部屋でご自宅葬をしたい際に選ばれています。
    祭壇のサイズ自体を大きくする盛大なプランをはじめ、生花の種類や数を増やすことでより
    豪華な祭壇にするプランもありますので、ご希望や予算に合わせて選択しましょう。
    祭壇にはペットの遺影写真をはじめ、好きだった食べ物やペットフード、
    一緒に遊んでいたオモチャやぬいぐるみなどもお供えができます。
    仏式ならお線香やロウソク、香炉、おりんなどを並べ、人の祭壇の場合とほぼ変わらない仏具なども用意されます。

    戒名やご位牌

    ご家庭が仏教の場合、人の場合と同様に考え、読経や焼香などの儀式に加え、戒名を希望される方もいます。
    ペット専用の寺院ではペットの戒名を住職がつけてくれるほか、
    専門業者の場合もオプションで提携先のお寺の住職に戒名を依頼して授けてもらえるサービスもあります。
    もっとも、ペット専用寺院や提携先のお寺は、ご家庭とは宗派が異なることもありますので、
    宗派を統一したいということであれば、ご家族の菩提寺の住職にペットの戒名をつけてもらえるかを相談しましょう。
    寺院や業者のサービスとして戒名を頂く場合は、木簡の簡易位牌を用意してくれる場合と、
    後日、正式なご位牌まで製作してくれるコミコミのプランの場合もあります。
    戒名をつけるだけの場合には別途、寺院や業者に依頼して、
    戒名をご位牌に彫ってもらうことになりますが、その際のご位牌のグレードやサイズも予算や希望に合わせて選びます。
    ご位牌のサイズやグレードの選び方は、どこにどう納めるかによっても異なってきます。
    先祖代々のご家庭にあるお仏壇にペットのご位牌も納めるのであれば、
    既にある先祖のご位牌のサイズや素材などに合わせるといいでしょう。
    これからペット専用の仏壇などを購入するという場合には、ご位牌のサイズと仏壇のサイズに注意しなければなりません。
    仏壇の大きさに対して、ご位牌が大きすぎて入らないことや、バランスが悪くならないように気をつけましょう。


  5. ペット火葬やペット葬のプランとオプションやアフターフォローサービス

    3月 17, 2018 by author

    多様化するスタイル

    ペット火葬やペット葬のプランは業者によっても異なり、提供されるサービスのスタイルも大きく異なる場合があります。
    対応している地域や対応しているペットの種類や大きさ、重量などの違いもありますが、
    対応地域内で幾つかの業者を見つけた場合には、単に料金で比較するだけでなく、
    具体的なサービス内容や火葬や葬儀のスタイルをしっかりと確認してニーズに合った条件のところに依頼するのがおすすめです。
    例えば、火葬のスタイルにしても、業者の施設やお寺などに併設されたペット用の火葬場や火葬炉に飼い主も出向き、
    火葬されるのを待ってご遺骨を骨壺に納めるまで見届けられるスタイルをはじめ、
    火葬炉を積んだ専用車両でやってきて火葬をしてくれる出張型のスタイル、
    業者がご遺体を預かりに訪問し火葬をしたあとご遺骨を返還してくれるスタイルなどもあります。
    また、ご遺骨が個別に手元に戻るサービスやプランのほか、同時期に亡くなった他のペットと合同で火葬し、
    そのまま合同納骨堂に埋葬して合同慰霊をするプランも用意されています。
    個別火葬のスタイルも多様なほか、費用を抑えられる合同火葬スタイルもあるので、
    ご家族のお気持ちや考え方、予算などに合わせて最適なプランを選びましょう。

    オプションサービス

    基本の火葬やご自宅に祭壇を設けての葬儀、お寺で葬儀が行われるペット葬プランのほか、
    さまざまなオプションサービスを用意している業者もあります。
    最近、人気を集めているのが散骨プランや散骨サービスです。
    散骨は亡くなったご家族の埋葬スタイルとしても注目を集めていますが、ペットにも当てはまります。
    人間の場合の散骨の希望理由と同じで、犬をよく海岸で散歩させていて思い出があるからといった理由や、
    亡くなったことで自然に還してあげたいという理由から海への散骨を希望される方が増えています。
    方法としては火葬プランで火葬をしてご遺骨にし、オプションサービスとしてご遺骨を専用の粉砕機で粉にします。
    パウダー状になったご遺骨の散骨の方法も、いくつかスタイルがあります。
    クルーザーをチャーターしてご遺族が直接、散骨をするプラン、
    クルーザーをチャーターして他のご遺族と合同で利用するプラン、業者が散骨を代行し、
    月に一度やある程度、希望者が集まった段階で船上から個別に散骨と慰霊を行う代行プランなどです。
    個別にクルーザーをチャーターすると費用が高いため、代行プランを提供する業者が多く、
    ニーズも高いプランといえます。

    アフターフォローサービス

    ペット火葬やペット葬のサービスを提供する業者では火葬をしてご遺骨を納骨して終わりではなく、
    その後のフォロー的なサービスを提供している業者もあります。
    ペット専用の墓地や霊園の紹介から申し込みや手続きの代行、墓石の販売や墓碑の製作などもサポートしてくれます。
    ペットのご位牌をはじめ、ペット専用のインテリア性もあって小さなお仏壇や、
    線香立てやおりんなどの仏具の製造や販売も行っています。
    中には亡くなったペットの写真などを利用したグッズの製作を手掛けているところもあり、
    マグカップや花瓶、レリーフやぬいぐるみ、遺骨のかけらを入れたペンダントやストラップなどの
    オーダーメイド製作の依頼ができます。
    さらに大切なペットを失うことで悩まされる方が多いペットロスのカウンセリングや、
    ペットロスから回復するためのセミナーの開催などイベントによるサポートなどを提供している業者もあります。
    多くの飼い主と接してきたスタッフが相談に乗ってくれるケースをはじめ、
    心理カウンセラーや住職や牧師などの宗教家によるカウンセリングなどが用意されているケースもあるので、
    辛い時には相談をしましょう。