RSS Feed

火葬プランや墓地の雰囲気の違いを確かめる

2018年3月28日 by author

プランの選び方を間違えない事が重要

愛するペットを送り出してあげるために、ペット霊園を選ぼうとしているのであれば、
まずはプラン内容を確認しておくことをおすすめします。
立会個別火葬や一任個別火葬といった、火葬のプランだけでも複数あるために、
プラン内容をよく調べないまま霊園に任せてしまわないよう注意が必要です。
ペット霊園に立ち寄ってから、火葬が終わるまで待っていられる時間的余裕があるという人は、
多くの方々が立会個別火葬を選んでいます。
最後のお別れまでペットと一緒に過ごす事ができて、家族自身がお骨上げをすることができるために、
手厚く弔ってあげたいと考える方々が立会個別火葬を選ぶことが多いです。
一任個別火葬はペット霊園側に火葬を任せることになるので、少し寂しく感じるという人もいますが、
そのようなことは決してありません。
お骨上げをスタッフが代わりに行ってもらえるだけで、返骨をしてもらって自宅で弔ってあげることもできます。
そのまま納骨してもらうことも可能ですが、セレモニーや出棺に参加することはできません。
合同火葬は他の家庭で飼育されていたペットと一緒に火葬をされて、合同墓地に埋葬されるというプランです。
希望をすれば返骨もしてもらえる所もあるので、自宅に遺骨を残しておきたいと考えている方々も合同火葬を選んでいます。

火葬をしてから供養をする場所を選ぶ

ペットの火葬が終わった後に、遺骨をどこで供養するのか迷っている時には、
ペット霊園のスタッフにアドバイスを求めてみてください。
遺骨を入れておくための骨壷のサイズや、返骨の手続きなどもスタッフが分かりやすく伝えてくれます。
他の動物たちが安眠しているペット霊園の墓地に、一緒に埋葬してもらうことも可能で、
管理や掃除などの手間をかける必要はありません。
合同埋葬地の管理はペット霊園側が行ってくれるので、時間的余裕が無くてペットの墓地の管理が難しいという人にも最適です。
自宅とペット霊園の両方にペットの遺骨を残しておき、二つの場所で供養を行っている飼い主も増えてきています。
埋葬や納骨はペット霊園で行っておき、遺骨の一部だけでも自宅に持ち帰って、
メモリアルグッズとして加工したいと考える人も多いです。
ペットの遺骨をアクセサリーに加工して身に着けておくことで、亡くなったペットが常に近くにいるように感じられます。
遺骨をネックレスやブレスレットに加工するためには、専門の業者を頼る必要があり、
ペット霊園が遺骨の加工サービスを行っていることは少ないです。

霊園の雰囲気の違いも確かめておく

亡くなったペットが安らかに眠っていられるように、ペット霊園を比較しておきたいと考えるのであれば、
墓地の雰囲気の違いも確かめておいてください。
隅々まで手入れが行き届いていて、雑草や土汚れなども気にならないだけでなく、
綺麗な花で墓地の周辺を彩っているペット霊園も増えてきています。
ただ見た目が綺麗なだけでなく、花の香りまで楽しめるペット霊園も多くて、
墓参りに来た飼い主の皆さんの気持ちを落ち着かせる効果があると好評です。
お寺が運営しているペット霊園は、雰囲気が厳かだという点も評価されており、
飼い主の宗派に合わせてペット霊園が選ばれていることも珍しくありません。
霊園までの交通アクセスの良さだけでなく、墓地の雰囲気も確かめておいた方が、
定期的に墓参りに訪れることになる飼い主の皆さんのためにもなります。
ペットの遺骨は自宅に保管しておきたいと考える方々は、
ペット霊園の料金やサービスの内容を比較しておくだけでも問題ありません。
墓地だけではなく納骨堂まで美しく彩ったペット霊園も増えており、その独特な雰囲気にも驚かせてもらえます。


コメントはまだありません »

No comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA